UNHCR 国連難民弁務官事務所にご協力を

In this website, we are donating part of the profits obtained in the core business of "Information and Communication business". In addition, we also provide profits from affiliate such as "casino site" and "bookmakers". このサイトでは、本業の「通信業務」で得た収益の一部の寄付を行っています。
また、ブックメーカーやカジノサイト等のアフェリエイトで得た利益も供給しています。

Head Line News

EC




【気象警戒情報】首都圏、20年ぶりの大雪予想 - 気象庁が夕方にも緊急会見を予定 - 13年ぶりに東京23区に「大雪警報」発令を検討、台風並みの低気圧が発達、首都圏でも10センチ以上の降雪か

20140207jma.jpg


強い寒気と低気圧の影響で、8日にかけて西日本と東日本の太平洋側で雪が降り、平地でもまとまった積雪となるおそれがあります。気象庁は、雪による交通への影響などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空の強い寒気と九州の南にある低気圧の影響で、九州や四国、中国地方では雨や雪が降っています。

8日にかけて低気圧は発達しながら本州の南岸を北東へ進み、8日の夜には関東の南海上に達する見込みです。

このため、近畿や四国など西日本の太平洋側では8日にかけて、東日本の太平洋側では8日の未明から、それぞれ広い範囲で雪が降り、8日は平地でもまとまった積雪となるおそれがあります。

8日の昼までに降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、▽中国地方で40センチ、▽近畿で30センチ、▽四国と東海、甲信で20センチ、▽関東で15センチなどと予想されています。関東の平野部では、8日の昼までに多いところで10センチの雪が降り、その後も雪が続く見込みです。

8日の午後は東日本の太平洋側で風も強まり、最大風速は関東甲信と東海の陸上で18メートルから20メートル、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見込みです。

関東では8日、交通機関などに大きな影響が出た去年1月14日に匹敵する大雪となるおそれがあります。気象庁は、早めの対策を取るとともに、雪や風による交通機関への影響などに十分注意するよう呼びかけています。



Watch あす太平洋側の平地でも積雪のおそれ.mp4 in ニュース | View More Free Videos Online at Veoh.com





auth:NHK,JMA

関連記事


トラックバック


Today




このサイトの twitter です

[Follow]ボタンでフォローしてください

キャンペーン実施中!




Info


Tech

日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

最新記事